あごにできる大人ニキビの対処法

あごにできる大人ニキビの対処法

大人ニキビは、20歳以上の人がなるニキビのことで、あごや口周りにできることが多く、再発や跡に残りやすいという特徴があります。

 

大人ニキビは、表皮の新陳代謝が崩れることで角質層が厚くなり、毛穴を塞いでしまうことが原因と考えられています。
また、生活習慣の乱れやストレス、睡眠不足、紫外線、喫煙、偏った食生活、生理周期の関係なども原因となっています。

 

大人ニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビなどがあります。
白ニキビは初期の段階ですから、生活習慣を見直すことで改善させることができます。
黒ニキビは、古い角質がたまって毛穴が皮脂で詰まることで起こります。
赤ニキビと黄色ニキビになると、毛穴に炎症が起こっている状態で、なかなか自分では改善させることが難しいため、薬を使用して治すことが大切です。

 

大人ニキビは、思春期のニキビとは違って洗顔と保湿を行って、肌を清潔に保つことが大切です。また、生活習慣を見直して肌の新陳代謝を促進することも大切です。

 

できるだけ早くきれいに治すには、皮膚科を受診して適切な治療を受けることがベストですが、なかなか時間がなかったり、手軽にケアしようと思う場合には、市販薬を利用するとよいでしょう。

 

市販薬は、その人のニキビの状態や種類、肌のタイプによって選ぶことができ、自分にあった薬を選ぶことで効果が期待できます。

 

 

あごやおでこにできる大人ニキビは結局どうすればいいの?

ニキビと言っても、思春期にできるニキビと大人ニキビには違いがあります。思春期にできるニキビは、ホルモンバランスが大きく影響していますが、大人ニキビは環境やストレスといった生活スタイルによってできることが多いのです。 

 

ニキビができる場所もあごやおでこといった思春期ニキビと同じですが、ニキビ予防や対策のためのスキンケアは違うのです。普段の洗顔にも使用する洗顔フォームに、思春期ニキビ用を使っている人はいませんか。洗顔フォームに含まれる成分もそれぞれの特徴に合わせたものを使用しなければ効果が期待できません。ですから大人ニキビに効果のある洗顔フォームを使用するようにしましょう。

 

また、ニキビを放っておくと、化膿したり治りが悪くなったりします。ですから治りがよくないと感じたら、皮膚科に行くことをおすすめします。皮膚科はニキビ専用のお薬を処方してくれるので、治りも早いだけでなく肌をきれいにしてくれる効果も期待できるのです。また医薬品なので、ドラッグストアなどでは購入できない場合もありますから皮膚科受診はおすすめです。

 

大人ニキビができてしまう前の予防と、できてしまった後の対策をきちんとすることが何よりも大切です。