ビーグレンでニキビが増えたときの対応

ビーグレンでニキビが増えたときの対応

ニキビケア用の商品としてビーグレンが有名ですが、使っているうちにニキビが増えてきたなら、肌に合っていない可能性が高いでしょう。使い続けると悪化する危険がありますので、異常があらわれたなら使用を中止することをおすすめします。

 

中には症状が増えたのを好転反応だとする意見がありますが、これは東洋医学でよく使われる言葉で、マッサージをした後に症状が強く出るなどの特徴があります。その後、症状が落ち着いてくると、元の状態よりも良くなるという内容です。

 

西洋医学の現場でもしばしば見られるもので、強い薬を使ったときに肌荒れが酷くなることがありますが、症状があまり酷くなければ引き続き使うように指導されます。使い続けているとそのうちに落ち着いてきて、症状が治るといった具合です。

 

ビーグレンで症状が悪化するのは、好転反応ではありません。この商品は医薬品ではありませんから、副作用が出ないように調整されて販売している状態です。ですので、症状が悪化したのは好転反応などではなく、配合されている成分に対してアレルギー反応を起こしていたり、刺激を皮膚が感じている状態です。

 

良い状態ではありませんから、使用を中止して、気になるならメーカーに問い合わせたり、病院で診断を受けたりしましょう。